まとまりのない感想文 Instagramを貼るテスト

Raid10 + Btrfs snapshotでバックアップ?

RAID10とBtrfsでバックアップする話

今までHDD1本にほぼ全てのデーターが格納されていたファイルサーバーですが、 容量の確保と可用性をチョット、あとちょっと安心を得るために今度初めてRAID10を、 というかRAIDを構築しました。

3TBのWD Red(WD30EFRX-68EUZN0)に過去の録画データーに音楽、ドキュメント、Gitや雑多な データーなどなど、飛ばれては困るものから飛んでもらったほうがスッキリする データーが格納されているわけです。

RAID10自体は4TB x4(WD40EZRZ-00GXCB0 x2, WD40EFRX-68N32N0 x2)の合計8TBなので、 手狭になった3TBの倍以上の領域が確保できたわけです。 RAIDがバックアップに相当するものではないというのは飽きるほど聞いてきたため、 RAID構築とともに元のHDDをバックアップ(rsyncでコピー)していましたが、 ついに自動化ということを考えました。

非常にカンタンなShellScript を書いてSystemdに走らせるようにするだけですが、 間違ってデーターが飛ばないようにと(そんなこと滅多にないが起きるときは起きる) 適当に書いたら動きました。 適当すぎて時間があったら書き直したいです。

ともかく、HDDが死んでもRAIDでディスク交換すれば再構築でき、 データーを誤操作なんかで消去してもSnapShotから復元できる環境となりました。 が、まだBtrfsが飛ぶリスクというのが当然あるわけです。 ちょっと前までは頻繁に飛んでらしたそうですが、スゴイ人たちが頑張って治した 恩恵をフルに受けつつ、まあそれでも壊れないだろうと慢心しておる次第です。 あと、HDDが飛んだときのシミュレーションは十分にやっておきましたが、 こういうのっていざ飛んだときに冷静でいられるかが重要な気がします。 トラブったときは気が動転して普通じゃやらないことをやってしまうものなので。 というか、やってきた過去があるので。

と、RAIDを意気揚々と構築したわけですが、無停電電源装置を未だに購入・設置 していないので、雷さまが怖いですし、地震も怖いです。この間揺れましたしね。

なので、地震と停電が起きない・Btrfsが壊れないことを祈りつつ、 日々を過していこうと思います。

まとまりのない感想文 Instagramを貼るテスト